東京吉祥寺にある審美歯科セントラルクリニックで黒ずんだ歯を治療できる

良く歯磨きが行き届いていなかったのか、食べかすが歯の根元に残ることで、虫歯を治療した歯茎に黒ずみができてしまい、鏡を見るたびに気になって、相手と会話をする時に意識してしまい、笑顔が相手から見て不自然に見えていないか気になり、歯茎の黒ずみを落とす方法として、セラミックの施術を受けようと考えています。
家から近い場所にあることから、東京吉祥寺にある審美歯科セントラルクリニックでセラミックの施術を受けることにしました。
セラミックの施術は、歯の型を取ってから、歯科医師などが患者の歯の形や色、肌のバランスから、顔の形、唇の形のバランス、噛み合わせの癖から確認していき、担当の方にセラミック歯の形や白さ大きさなどを要望することができます。
要望や患者の情報から仮生成された、セラミック歯を装着するために削った個所に仮装着することができるのですが、仮装着した時に手鏡やモニターで仮装着した歯を確認させてくれますので、隣の歯の色と少し違う感じがするなど、要望があれば、納得のいく色になるまで、担当の方に要望を出して決めることが可能です。
仮装着期間は3日から1週間程度で噛み合わせや外で太陽が当たる場所で、セラミック歯が不自然な色になっていないかを確認して、仮装着期間後に不具合がないのが確認できたら、セラミック歯を削った個所に本装着して、治療を終えることができます。
審美歯科・ホワイトニングなら東京・武蔵野市の吉祥寺セントラルクリニック

http://www.able-sumairu.com/abl/