有料老人ホームってどんなところなの?

有料老人ホームと一言で括っても、「介護が付くもの」、「健康な人用」、「住宅型」の3つのタイプに分類されます。
まず、1つ目の「介護がつくもの」ですが、介護が必要となった高齢者向けの施設です。
主に介護を行ってくれるのは有料老人ホームのスタッフですが、一部施設では外部業者に委託を行っている場合があります。
2つ目は、「健康な人用」の老人ホームです。
介護を必要としない高齢者用の老人ホームです。
ただし、需要は少なく数も少ないのですが、体を動かしたい人や仲間たちとワイワイやりたい高齢者からの人気は高くなっています。
3つ目は、「住宅型」です。
これが、一番一般的な有料老人ホームです。
老人ホームを住宅代わりにし、介護が必要となれば訪問型の介護を付けることができます。
これら3つにはそれぞれお金がかかります。
特に、住宅型などは、入居するのに「入居一時金」というお金を支払わなければなりません。
そのほかにも管理費や食費などありとあらゆる面でお金がかかってきます。
また、契約する際には身元引受人のサインが必要となりますので、注意が必要です。
もし、身元引受人がいない場合は、施設側に相談することで一緒に問題を解決してくれる施設もあります。

http://www.able-sumairu.com/abl/