白内障手術は日帰りも可能です

白内障は、瞳を覗くと中心の黒い部分が白っぽく見え、水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。
多くは加齢によるもので、患者さんの7割以上占めているといわれているのが、老人性白内障です。
他に考えられるのが先天性である方や、外傷性によるものもあります。
初期症状が見られないで進行するにつれて目がかすみ、ぼやけて見えにくい、二重三重に物がだぶって見える、光がまぶしくなるなどという事もあります。
目の中の水晶が濁る事により視力が低下して、日常生活に全く支障が無いようであれば点眼薬で進行をおくらせますが、これは、薬剤は水晶体が握るスピードを遅くさせるだけのもので症状の改善ではありません。
手術のタイミングは自覚症状を感じ治したいと思った時に決断すればいいのです。
治療ではIOLマスター、インフィニティビジョンシステムという最新の機械でやってくれ、手術は切開創の幅が2.4mmという最先端の小切開白内障手術なので、これなら心配や不安も少しは軽減されそうです。
金額は個人によって違ってくるみたいなので問い合わせをしたほうが良いかと思います。
今では日帰り手術も可能という事で、知人達にも教えてあげたいと思っております。

http://www.able-sumairu.com/abl/