薬用シャンプーを使って髪のダメージを防ごう

年齢を重ねるごとに気になりだした髪の悩みはありませんか?
長年あてているパーマやカラーリングのし過ぎでパサついた髪、紫外線によるダメージ、年々ボリュームダウンしている、抜け毛が気になるなど、こうした悩みは不健康な頭皮から来ているかもしれません。
30代後半から40代・50代となるにつれ、抜け毛が増えているとしたら、頭皮が不健康になっているシグナルです。
加齢により新陳代謝が低下し、皮脂分泌力も弱まって頭皮は乾燥してきます。
髪が育つ土壌が悪化し、栄養も行きわたらなくなって抜け毛が生じてしまうのです。
これを解決するためには、頭皮と髪に優しい薬用シャンプーを使って、汚れはしっかり落としつつ、皮脂を余計にとりすぎない、潤い洗髪をしてあげることが必要です。http://www.rakuten.co.jp/vefla/

http://www.able-sumairu.com/abl/