カメラは精密機械です

カメラは精密機械ですので、定期的にきちんとした手入れが必要です。ふだんから使っていれば、湿気などの害を受けることはそれほどないのですが、全く使わなくなって、収納しっ放しになってしまいますと、気が付かないうちに、本体がどんどん傷んでいってしまいます。最悪の場合、レンズにカビが生えたりすることがあり、そうなってしまうと買取価格にも影響します。ですから、使わなくなって、暇な時に買取に出そう、と考えている場合には、基本的には早めに買取に出した方がよいのです。

また、最近はカメラと言いますと、デジタルのタイプがほとんどです。デジタルカメラでは技術的な進歩が、もろにカメラ自体の性能に影響します。そのため、発売開始から年数が経ち過ぎてしまった場合には、より性能に優れたモデルが安く出回り始めていることが考えられますので、買取価格の面では不利になります。

ちなみに、買取の際にはカメラ自体の傷の有無も重要です。特にレンズに傷などあると、大変です。なお、買い取ってもらう際には、購入時の箱や備品一式も一緒に出すとよいでしょう。本体とバッテリーだけとか、あるいは本体だけといった場合には、やはり査定的には厳しいものになりがちです。

http://www.able-sumairu.com/abl/