ビジネスとして貸し借りを行う事がきっかけで、計画的なお金の使い方を学びました

昔から大雑把な性格で、特にお金に関する管理や計画的な使い方という物を苦手としてきました。
それでも社会人となり、自分で稼いだお金で生活するようになれば、自然とお金のありがたみも知り、計画的な使い方が身についていくものだと思っていたのですが、そうすぐには変わることはありませんでした。
そんな状況下でも、お金がどうしても必要になる時がやって来ます。
決して自らの欲望の為ではないのですが、どうしても用立てなければならないという時、キャッシングをよく利用しました。
両親や友人、会社の同僚から借りるにはどうしても抵抗があり、またそれが原因で関係が悪くなってしまう事も心配した結果、キャッシングを利用する事にしたのですが、この利用が、お金の計画的な使い方を学ぶきっかけとなったのです。
善意ではなく、ビジネスとして私にお金を貸してくれるのですから、きちんと返済する責務があります。
仮に返済が遅れたり、返済できない状況にでもなれば、私自身の社会的評価が下がる事も知っていたので、それだけは避けなければなりません。
そういった認識があると、無計画に借りたお金であっても、返済に関しては計画性を持って行うようになりました。
そうして借りる時点でも、いつの間にか計画的な借り入れを行うようになっていったのです。
今の目標は、キャッシングに頼らない完璧なお金の管理ですが、それでも対応しきれない場合に、この存在がある事は、とても心強く思っています。

http://www.able-sumairu.com/abl/