卵子ドナーになって海外旅行気分を満喫しよう

赤ちゃんが欲しいのに、先天的病気などの原因で妊娠できない女性は少なくありません。
そのような方のために、自らの卵子をボランティアで提供する人を卵子ドナーと呼んでいます。
エッグドナーは、自らが妊娠し、子供を出産するわけではなく、自分の卵子を提供するだけです。
20~30歳までのタバコを吸わない健康な女性で、先天的な疾患や感染症などにかかっていないなどの条件がなければ、登録できません。
エッグドナーセンターに登録されると、事前審査や検査の後、タイなどの海外で診察や排卵のために2週間くらい滞在することになります。
診察の後は、自由にショッピングやエステやネイルなどを満喫することが可能です。
タイは物価が安く、後で謝礼金が口座に振り込まれるので、十分に海外旅行気分を楽しむことができるのではないでしょうか。
全身麻酔をしてから排卵をするので、痛みを感じることもなく、時間も20分くらいしかかかりません。
排卵の副作用は、ほとんどない人が多く、あったとしても数日間生理痛のような違和感を覚える程度です。
卵子ドナーになれば、困っている人を助けるだけでなく、謝礼金をもらうことができ、2週間も海外旅行気分を味わうことができます。
卵子提供に興味を持たれた方は、エッグドナーセンターのサイトを覗いてみてください。

http://www.able-sumairu.com/abl/