起業するときの資金調達術

起業独立をするというのは、サラリーマンであればだれもが夢描く道の1つです。
ただ、夢が現実になるには、一番の問題として上がるのが独立するための起業資金です。
起業するためには、どんな事業を始めるにしても、起業資金が必要になります。
その起業資金をどうやって調達するかが分からなくて、起業自体を諦めている人がたくさんいると思います。
では起業する場合の資金調達術としては、どんなところから借り入れが出来るのでしょうか。
サラリーマンをしていて、いきなり自分の会社を持ちたいのでそのお金を融資して欲しいと思っていても、銀行ではまず借り入れはできないと思います。
何の取引もなく、融資の実績もない個人にお金を貸すようなことは普通しません。
事業計画書を作り、短期計画・中期計画・長期計画の計画書を作って銀行に申し込んでもはっきりいって信用がありませんので、間違いなく断られます。
では、借り入れはできないのでしょうか。
実は始めて独立開業をするときに、貸してくれるところがあります。
それも低金利で借り入れができます。
国民政策金融公庫です。
これは国の機関であり、サラリーマンが独立するときに必要な起業資金を貸してもらえます。
税金の未払や光熱費などの遅れがないことが条件で、事業計画書をしっかりと書かれていれば、ほぼ100%貸してもらえます。
それも予定している借入金に近い金額を貸してもらえます。

http://www.able-sumairu.com/abl/